HOME

フリーランスという選択肢も考慮

フリーランスという選択肢も考慮

フリーランスになるベストタイミング

LINEで送る

フリーランスも一考の価値あり

転職を考えているエンジニアであれば、もうひとつの選択肢としてフリーランスのweb系エンジニアを検討してみてはいかがでしょうか。フリーランスには、会社員にないチャンスがたくさんあります。もちろんリスクもそれなりにありますが、スキルや経験を武器に転職できるほどの人ならチャレンジする資格は十分。努力すれば会社員になるより多くの収入を確保することだって夢じゃありません。現実をあえて言うならば、フリーランスになってから収入が落ちてしまった人や、労働時間が思ったほど短くならなかった人は大勢います。フリーランスになったものの、長く続かずにまた会社員へと戻っていった人もいます。エンジニアが独立すれば誰もが成功するほど甘い世界ではありませんが、成功するためのポイントをしっかりおさえて行動すれば、転職では得られなかったものを得ることができますよ。

会社員エンジニアとの違い

フリーランスと会社員ではまず契約形態が違います。会社員は会社と雇用契約を結び、フリーランスはクライアントと業務委託契約を結びます。同じ仕事をしたとして、取り分が多いのはクライアントから直接報酬を受け取るフリーランスのほうです。会社員には残業がありますが、フリーランスの場合は稼働時間を決めて月単価で契約しているので、残業という考え方がそもそもありません。収入については、安定している会社員に対してフリーランスは不安定。病気や怪我で仕事を休んでも有給休暇や傷病手当金がある会社員に対して、フリーランスは休めば収入はゼロです。

フリーランスエンジニアの働き方

フリーランスを会社員と比較すると不安定さが目立ちますが、働き方の自由度は断然フリーランスのほうが上。在宅案件を受注して自宅でマイペースに働くのもよし、客先常駐のエンジニアとして働くのもよしです。客先常駐は会社員と同じように通勤があるとはいえ、社員とは違って週に2~3日のペースで働くこともできますよ。在宅案件と常駐案件を組み合わせるという働き方もアリですね。在宅案件だけでやっていけるなら、住む場所も働く時間も自由自在。自己管理さえできれば、バリバリ働きつつ自分の時間もしっかり確保できます。
気になる案件探しの方法としては、会社員時代の人脈や友人知人経由という昔ながらの方法だけでなく、フリーランスエンジニア専門のエージェントを活用する方法も人気です。フリーランスでも通用するだけの高いスキルやコミュニケーション力があるなら、転職を決意する前にぜひフリーランスについても検討してみてくださいね。